公開開始2009-02-14
最終更新2017-09-18

民事訴訟法の改正

民事訴訟法(平成8年法)、民事執行法民事保全法及び行政事件訴訟法並びに憲法その他の法令について、衆議院のサイトで「制定法律」から入手できる法律の本文及び法務省のサイトから入手できる法律改正情報(古い法令については国立国会図書館のデジタル化資料で閲覧可能な昭和27年までの官報又は近代デジタルライブラリーで閲覧可能な明治45年までの法令全書)を利用し、制定又は全部改正以降のすべての改正を順次適用して作成したものです。

データの正確性についてのご注意 このデータを作成する際に官報は参照していませんので、また、国立国会図書館のデジタル化資料で閲覧可能な昭和27年までの官報又は近代デジタルライブラリーで閲覧可能な明治45年までの法令全書を参照したものは本作成者が目視で電子テキスト化していますので、官報と内容が一致していること(すなわちデータが正確であること)は保証できません。このサイトの内容は参考にはなると思いますが、正確性を要する場合はご自分で確認を怠らないようにしてください。

主な改正後の法律

※次のリンクをクリックすると分割表示画面に移行します。
[フレーム表示] [左右分割表示] [三分割表示] [四分割表示]

民事訴訟法

平成8年制定 民事訴訟法 H10-01-01
平成13年改正 民事訴訟法 H13-12-01
平成15年改正 民事訴訟法 H16-04-01
平成16年改正 民事訴訟法 H17-04-01
平成19年改正 民事訴訟法 H20-04-01
平成23年改正 民事訴訟法 H24-04-01
平成29年民法改正 民事訴訟法(施行日未定)

旧民事訴訟法抄

第一編並びに第二編第一章第一節、第二節及び第三節第一款から第三款まで

大正15年改正 民事訴訟法抄 S04-10-01
昭和23年改正 民事訴訟法抄 S24-01-01
昭和39年改正 民事訴訟法抄 S40-01-01
昭和57年改正 民事訴訟法抄 S57-10-01
旧法最終版 民事訴訟法抄 H04-05-01

民事訴訟法応急措置法

昭和22年法律第75号は、昭和23年法律第149号による旧民事訴訟法の改正に伴い、昭和24年1月1日に失効しました。ただし、第八条は、行政事件訴訟特例法の施行に伴い、昭和23年改正で削られました。

昭和22年制定 民事訴訟法応急措置法 S22-05-03
昭和23年改正 民事訴訟法応急措置法 S23-07-15

民事執行法

昭和54年制定 民事執行法 S55-10-01
民事保全法制定 民事執行法 H03-01-01
平成8年改正 民事執行法 H08-09-01
新民訴法制定 民事執行法 H10-01-01
平成10年改正 民事執行法 H10-12-16
平成15年改正 民事執行法 H16-04-01
平成16年改正 民事執行法 H17-04-01
平成23年刑法改正 民事執行法 H23-07-14
平成29年民法改正 民事執行法(施行日未定)

民事保全法

平成元年制定 民事保全法 H03-01-01
新民訴法制定 民事保全法 H10-01-01
平成15年改正 民事保全法 H16-04-01
平成16年改正 民事保全法 H17-04-01
平成23年改正 民事保全法 H24-04-01
最新版 民事保全法 H25-01-01

行政事件訴訟法

昭和22年応急措置 昭和22年法律第75号第八条 S22-05-03
昭和23年旧法 行政事件訴訟特例法 S23-07-15
昭和37年制定 行政事件訴訟法 S37-10-01
新民訴法制定 行政事件訴訟法 H10-01-01
平成16年改正 行政事件訴訟法 H17-04-01
新行政不服審査法 行政事件訴訟法 H28-04-01
最新版 行政事件訴訟法 H29-04-01

憲法及び民法その他の関連する法律

憲法

便宜のため、原文にはない目次を付しています。

明治22年制定 大日本帝国憲法 M23-11-29
昭和21年全部改正 日本国憲法 S22-05-03

憲法施行時命令効力法

昭和22年制定 憲法施行時命令効力法 S22-05-03
昭和22年改正 憲法施行時命令効力法 S22-12-29
昭和23年改正 憲法施行時命令効力法 S23-06-30

法適用通則法及び旧法例

明治23年法例は、明治25年法律第8号及び明治29年法律第94号による二度の施行延期を経て、施行されないまま、明治31年法例の発布の日(明治31年6月21日)に廃止されました。

明治31年制定 法例 M31-07-16
遺言方式準拠法 法例 S39-08-02
扶養義務準拠法 法例 S61-09-01
平成元年改正 法例 H02-01-01
平成11年民法改正 法例 H12-04-01
平成18年全部改正 法適用通則法 H19-01-01

扶養義務準拠法

昭和61年制定 扶養義務準拠法 S61-09-01
平成18年法例改正 扶養義務準拠法 H19-01-01

遺言方式準拠法

昭和39年制定 遺言方式準拠法 S39-08-02
平成18年法例改正 遺言方式準拠法 H19-01-01

民法

平成16年改正 民法 H17-04-01
公益法人等改革 民法 H20-12-01
平成23年改正 民法 H24-04-01
平成25年改正 民法 H25-12-11
平成28年改正 民法 H28-06-07
平成29年改正 民法(施行日未定)

家族法及び民法応急措置法

昭和22年応急措置 民法応急措置法 S22-05-03
昭和22年改正 家族法 S23-01-01
昭和37年改正 家族法 S37-07-01
昭和62年改正 家族法 S63-01-01
平成11年改正 家族法 H12-04-01

平成16年改正以降は、民法を参照。

失火責任法

明治32年制定 失火責任法 M32-03-28

一般法人法

平成18年制定 一般法人法 H20-12-01
平成26年会社法改正 一般法人法 H27-05-01
平成29年民法改正 一般法人法(施行日未定)

会社法

平成17年制定 会社法 H18-05-01
平成23年非訟法 会社法 H25-01-01
平成26年改正 会社法 H27-05-01
平成29年民法改正 会社法(施行日未定)

商法(抄)

平成17年法律第87号で口語化された第一編及び第二編第一章から第四章まで。

平成17年改正 商法抄 H18-05-01
平成23年非訟法 商法抄 H25-01-01
平成26年改正 商法抄 H27-05-01
平成29年民法改正 商法抄(施行日未定)

刑法

平成7年改正 刑法 H07-06-01
平成15年改正 刑法 H15-08-07
平成16年改正 刑法 H17-01-01
平成17年改正 刑法 H17-07-12
平成22年改正 刑法 H22-04-27
平成23年改正 刑法 H23-07-14
平成25年改正 刑法 H28-06-01
平成29年改正 刑法 H29-07-13

刑法口語化の未改正部分

暴力行為等処罰法

大正15年制定 暴力行為等処罰法 T15-04-30
昭和39年改正 暴力行為等処罰法 S39-07-14
平成3年改正 暴力行為等処罰法 H03-05-07
平成7年改正 暴力行為等処罰法 H07-06-01
平成16年改正 暴力行為等処罰法 H17-01-01
平成29年改正 暴力行為等処罰法(施行日未定)

盗犯等防止法

昭和5年制定 盗犯等防止法 S05-06-11
平成29年改正 盗犯等防止法 H29-07-13

罰金等臨時措置法

昭和23年制定 罰金等臨時措置法 S24-02-01
昭和47年改正 罰金等臨時措置法 S47-07-01
平成3年改正 罰金等臨時措置法 H03-05-07

行政代執行法

昭和23年制定 行政代執行法 S23-06-14
昭和37年行審法 行政代執行法 S37-10-01

行政不服審査法及び旧訴願法

訴願法の施行期日は、公文式(明治19年勅令第1号)第十条(官報到達日数は明治16年第14号布達参照)によれば、府県別に明治23年10月17日以降と考えられる。

明治23年制定 訴願法 M23-10-xx
昭和37年制定 行政不服審査法 S37-10-01
平成16年行訴法改正 行政不服審査法 H17-04-01
旧法最終版 行政不服審査法 H19-06-01
平成26年全部改正 行政不服審査法 H28-04-01
最新版 行政不服審査法 H30-04-01

行政手続法

平成5年制定 行政手続法 H06-10-01
平成17年改正 行政手続法 H18-04-01
平成26年改正 行政手続法 H27-04-01
最新版 行政手続法 H30-04-01

国家賠償法

昭和22年制定 国家賠償法 S22-10-27

沖縄の政府賠償法

沖縄復帰特別措置法(昭和46年法律第129号)第六十七条にいう「政府賠償法」とは、復帰(昭和47年5月15日)前の沖縄(琉球政府)で昭和31年(1956年)に定められた政府賠償法(1956年立法第17号)をいいます。

法務総裁権限法/法務大臣権限法

制定時の名称「国の利害に関係のある訴訟についての法務総裁の権限等に関する法律」は件名(本則又は目次の前に付されない等の点で題名と異なる。)でしたが、昭和27年法律第268号により、題名「国の利害に関係のある訴訟についての法務大臣の権限等に関する法律」が付されました。

昭和22年制定 法務総裁権限法 S23-02-15
昭和27年法務省設置 法務大臣権限法 S27-08-01
昭和37年行訴法制定 法務大臣権限法 S37-10-01
平成11年地方分権 法務大臣権限法 H12-04-01
平成11年独立行政法人 法務大臣権限法 H13-01-06
平成16年行訴法改正 法務大臣権限法 H17-04-01

特定非常災害特別措置法

平成8年制定 特定非常災害特別措置法 H08-06-14
中央省庁等改革 特定非常災害特別措置法 H13-01-06
景観法制定 特定非常災害特別措置法 H17-06-01
平成25年改正 特定非常災害特別措置法 H25-06-21

※復興庁は、復興庁設置法附則第三条の規定により、特定非常災害特別措置法第三条第一項の国の行政機関として扱われます。

特定非常災害特別措置法の規定の準用

  1. 特定武力攻撃災害について、武力攻撃事態等における国民の保護のための措置に関する法律第百三十一条(平成25年改正前)。
  2. 特定新型インフルエンザ等緊急事態について、新型インフルエンザ等対策特別措置法第五十七条(平成25年改正前)。

特定非常災害及び適用措置の指定に関する政令

阪神・淡路大震災(平成7年1月17日)については、平成8年12月26日政令第352号により、法第七条に規定する措置が指定されました。
また、同法の制定前にも、法第三条から第六条までと同様の特例を定める法律が制定されています。
平成十六年新潟県中越地震(平成16年10月23日)については、平成16年11月17日政令第355号により、法第三条から第五条までに規定する措置が指定されました。
平成17年4月15日政令第154号による改正で、法第六条に規定する措置が追加して指定されました。
平成18年7月26日政令第247号による改正で、法第七条に規定する措置が追加して指定されました。
平成二十三年東北地方太平洋沖地震(平成23年3月11日)については、平成23年3月13日政令第19号により、法第三条から第五条までに規定する措置が指定されました。
平成23年6月1日政令第160号による改正で、特定非常災害の名称が東日本大震災に改められ、法第六条及び第七条(平成25年改正前)に規定する措置が追加して指定されました。
また、平成25年改正で追加された法第六条と同様の特例が、東日本大震災に伴う相続の承認又は放棄をすべき期間に係る民法の特例に関する法律に規定されています。
平成二十八年熊本地震(平成28年4月14日)については、平成28年5月2日政令第213号により、法第三条から第六条までに規定する措置が指定されました。
平成28年6月24日政令第242号による改正で、法第七条に規定する措置が追加して指定されました。

震災地ノ行政庁ノ権限ニ属スル処分ニ基ク権利利益ノ存続期間等ニ関スル件

関東大震災(大正12年9月1日)の後には、帝国憲法第八条第一項による「法律ニ代ルヘキ勅令」(緊急勅令)として大正12年勅令第412号が制定され、同令第五項及び第四項の規定に基づき、次の勅令が制定されました。

非訟事件手続法

旧非訟事件手続法(抄)については、会社法の施行に伴う改正前の第三編(商事非訟事件)は、省略しています。
また、昭和22年改正後の第二編において、平成16年改正前までの「第六章乃至第八章 削除」は、処理の都合上「第六章 削除 第七章 削除 第八章 削除」としています。

明治31年制定 旧非訟事件手続法抄 M31-07-16
明治32年改正 旧非訟事件手続法抄 M32-03-30
大正11年改正 旧非訟事件手続法抄 T12-01-01
大正15年改正 旧非訟事件手続法抄 S04-10-01
昭和14年改正 旧非訟事件手続法抄 S15-01-01
昭和22年改正 旧非訟事件手続法抄 S23-01-01
昭和46年改正 旧非訟事件手続法抄 S46-07-01
平成8年民訴法 旧非訟事件手続法抄 H10-01-01
平成16年改正 旧非訟事件手続法抄 H17-04-01
平成17年会社法 旧非訟事件手続法 H18-05-01
平成18年信託法 旧非訟事件手続法 H19-09-30
一般法人法 旧非訟事件手続法 H20-12-01
平成23年制定 非訟事件手続法 H25-01-01
平成29年民法改正 非訟事件手続法(施行日未定)

非訟事件手続法・平成23年改正の新旧対照表

外国法人等登記法

旧非訟事件手続法(明治31年法)は、新非訟事件手続法(平成23年法)の施行後も、外国法人及び夫婦財産契約の登記に関する規定を残して存続しています。

平成23年改正 外国法人等登記法 H25-01-01
最新版 外国法人等登記法 H28-04-01

仲裁法

平成15年制定 仲裁法 H16-03-01
平成16年民法改正 仲裁法 H17-04-01
平成29年民法改正 仲裁法(施行日未定)

裁判外紛争解決手続法

平成16年制定 裁判外紛争解決手続法 H19-04-01
平成29年民法改正 裁判外紛争解決手続法(施行日未定)

法廷秩序維持法

昭和27年制定 法廷秩序維持法 S27-09-25
昭和54年改正 法廷秩序維持法 S55-10-01
平成8年改正 法廷秩序維持法 H10-01-01

対外国等民事裁判権法

平成21年制定 対外国等民事裁判権法 H22-04-01

民訴条約等特例法

昭和45年制定 民訴条約等特例法 S45-07-27
新民訴法制定 民訴条約等特例法 H10-01-01
平成15年改正 民訴条約等特例法 H16-04-01
最新版 民訴条約等特例法 H25-01-01

製造物責任法

平成6年制定 製造物責任法 H07-07-01
平成29年民法改正 製造物責任法(施行日未定)

消費者契約法

平成12年制定 消費者契約法 H13-04-01
平成17年会社法 消費者契約法 H18-05-01
平成18年改正 消費者契約法 H19-06-07
平成20年改正 消費者契約法 H21-12-01
平成24年改正 消費者契約法 H25-02-21
平成25年改正 消費者契約法 H28-10-01
平成28年改正 消費者契約法 H29-06-03
平成29年民法改正 消費者契約法(施行日未定)

※「平成28年改正」は、施行日未定の改正(平成29年民法改正に伴う改正)を含みません。

消費者裁判手続特例法

平成25年制定 消費者裁判手続特例法 H28-10-01
平成29年民法改正 消費者裁判手続特例法(施行日未定)

電子契約法

平成13年制定 電子契約法 H13-12-25
平成29年民法改正 電子契約法(施行日未定)

プロバイダ責任制限法

平成13年制定 プロバイダ責任制限法 H14-05-27
平成25年公選法改正 プロバイダ責任制限法 H25-05-26

プロバイダ責任制限法の特例

不正アクセス禁止法

第六条及び第八条第二号の規定(公安委員会による援助等)は、公布の日から起算して一年を超えない範囲内において政令で定める日(平成12年7月1日)から施行されました。

平成11年制定 不正アクセス禁止法 H12-02-13
中央省庁等改革 不正アクセス禁止法 H13-01-06
平成24年改正 不正アクセス禁止法 H24-05-01
平成23年改正 不正アクセス禁止法 H24-11-01

番号利用法(抄)

別表の内容は省略しています。

平成25年法(平成27年10月5日施行)のうち、附則第一条第一号に掲げる規定は平成25年5月31日、同条第二号に掲げる規定は平成26年1月1日、同条第三号に掲げる規定は平成26年4月20日、同条第四号に掲げる規定は平成28年1月1日、同条第五号に掲げる規定は平成29年5月30日に施行されましたが、特段の表示は付していません。また、平成27年10月5日における内容は、同日前に施行された平成26年法律第10号による改正(平成27年1月1日施行)及び平成27年法律第9号による改正の一部(平成27年4月1日施行)を含みます。

平成25年制定 番号利用法抄 H27-10-05
一部施行 番号利用法抄 H28-01-01
平成29年改正 番号利用法抄 H29-05-29
平成27年改正 番号利用法抄 H29-05-30
最新版 番号利用法抄 H30-01-01

※「平成27年改正」は、平成30年1月1日施行の改正(国税通則法関係の利用範囲)を含みません。

知的財産基本法

平成14年制定 知的財産基本法 H15-03-01
平成15年改正 知的財産基本法 H16-04-01
平成27年改正 知的財産基本法 H28-04-01

コンテンツ促進法

第二十五条の規定(国の委託等に係るコンテンツに係る知的財産権の取扱い)は、公布の日から起算して三月を経過した日(平成16年9月4日)から施行されましたが、平成16年6月4日における未施行部分に特段の表示は付していません。

平成16年制定 コンテンツ促進法 H16-06-04
平成27年改正 コンテンツ促進法 H28-04-01

知財高裁設置法

平成16年制定 知財高裁設置法 H17-04-01

弁護士法

昭和24年全部改正 弁護士法 S24-09-01
昭和26年改正 弁護士法 S26-06-09
昭和30年改正 弁護士法 S30-08-10
平成13年改正 弁護士法 H14-04-01
司法制度改革
平成16年改正
弁護士法 H16-04-01
最新版 弁護士法 H28-04-01

法律事務取扱ノ取締ニ関スル法律

昭和24年弁護士法が施行される前における法律事務の取扱いに関する取締りについては、昭和8年法律第54号(法律事務取扱ノ取締ニ関スル法律)が制定され、昭和11年4月1日より施行されました。

沖縄の弁護士法

沖縄復帰特別措置法(昭和46年法律第129号)第六十五条にいう「沖縄の弁護士法」とは、復帰(昭和47年5月15日)前の沖縄(琉球政府)で昭和42年(1967年)に定められた弁護士法(1967年立法第139号)をいいます。

外国弁護士法

昭和61年制定 外国弁護士法 S62-04-01
平成6年改正 外国弁護士法 H07-01-01
平成8年改正 外国弁護士法 H08-09-01
平成10年改正 外国弁護士法 H10-08-13
司法制度改革 外国弁護士法 H17-04-01
平成26年改正 外国弁護士法 H28-03-01
最新版 外国弁護士法 H28-04-01

沖縄弁護士資格者特別措置法

昭和45年制定 沖縄弁護士資格者特別措置法 S45-04-28
昭和52年改正 沖縄弁護士資格者特別措置法 S52-05-04
昭和57年改正 沖縄弁護士資格者特別措置法 S57-05-11

平成14年法律第138号附則第五条には、同法の施行(平成16年1月1日)後における沖縄弁護士資格者特別措置法第四条第三項の読替えが規定されています。

司法書士法及び旧司法代書人法

大正8年制定 司法代書人法 T08-09-15
昭和10年改正 司法書士法 S10-05-01
昭和24年改正 司法書士法 S24-06-01
昭和25年全部改正 司法書士法 S25-07-01
昭和26年改正 司法書士法 S26-07-01
昭和31年改正 司法書士法 S31-09-01
昭和42年改正 司法書士法 S42-12-15
昭和53年改正 司法書士法 S54-01-01
昭和60年改正 司法書士法 S61-06-01
平成14年改正 司法書士法 H15-04-01
平成17年改正 司法書士法 H18-01-20
最新版 司法書士法 H28-04-01

登録免許税法(抄)及び旧登録税法(抄)

登録免許税法については、本則及び附則の改正は掲載しましたが、別表の内容は省略しています。登録税法については、同法第一条及び第十七条(又は第十六条の二)以降を掲載していますが、同法第十九条各号については省略した箇所があります。

明治29年制定 登録税法抄 M29-04-01
明治30年改正 登録税法抄 M30-04-01
明治32年改正 登録税法抄 M32-04-01
大正3年改正 登録税法抄 T03-11-15
大正11年改正 登録税法抄 T12-01-01
昭和2年改正 登録税法抄 S02-04-01
昭和13年改正 登録税法抄 S13-04-01
昭和21年改正 登録税法抄 S21-09-01
昭和22年改正 登録税法抄 S22-05-03
昭和23年改正 登録税法抄 S23-07-07
昭和28年改正 登録税法抄 S28-08-01
昭和37年改正 登録税法抄 S37-04-01
昭和42年全部改正 登録免許税法抄 S42-08-01
昭和45年改正 登録免許税法抄 S45-05-01
昭和52年改正 登録免許税法抄 S52-03-31
中央省庁等改革 登録免許税法抄 H13-01-06
平成13年改正 登録免許税法抄 H13-04-01
平成14年改正 登録免許税法抄 H15-02-03
平成15年改正 登録免許税法抄 H15-04-01
平成16年改正 登録免許税法抄 H16-04-01
不動産登記法 登録免許税法抄 H17-03-07
平成18年改正 登録免許税法抄 H18-04-01
平成19年改正 登録免許税法抄 H19-04-01
平成23年改正 登録免許税法抄 H23-12-02
最新版 登録免許税法抄 H28-04-01

課税標準及び税率に関する規定の抜粋

登録免許税法別表第一及び登録税法第二条から第十六条までの規定のうち

明治29年制定 登録税法抄 M29-04-01
明治32年改正 登録税法抄 M32-04-01
明治43年改正 登録税法抄 M43-04-01
昭和2年改正 登録税法抄 S02-04-01
昭和14年改正 登録税法抄 S15-01-01
昭和19年改正 登録税法抄 S19-04-01
昭和21年改正 登録税法抄 S21-09-01
昭和22年改正 登録税法抄 S22-04-01
同年11月改正 登録税法抄 S22-12-01
昭和23年改正 登録税法抄 S23-07-07
昭和42年全部改正 登録免許税法抄 S42-08-01
昭和52年改正 登録免許税法抄 S52-03-31
昭和53年司法書士法 登録免許税法抄 S54-01-01
外国弁護士法 登録免許税法抄 S62-04-01
平成14年司法書士法 登録免許税法抄 H15-04-01
平成16年民法 登録免許税法抄 H17-04-01
平成17年不動産登記法 登録免許税法抄 H18-01-20
平成18年改正 登録免許税法抄 H18-04-01
消費者裁判手続特例法 登録免許税法抄 H28-10-01

戦時行政特例法

戦時行政特例法は、昭和20年法律第49号により、昭和21年1月16日に廃止されました。

昭和18年制定 戦時行政特例法 S18-03-18

戦時行政職権特例

戦時行政職権特例は、昭和21年勅令第175号により、昭和21年3月30日に廃止されました。

昭和18年制定 戦時行政職権特例 S18-03-18
昭和18年改正 戦時行政職権特例 S18-11-01
昭和20年改正 戦時行政職権特例 S20-06-10

許可認可等臨時措置法

許可認可等臨時措置法は、平成3年法律第79号第二十一条の規定により、平成4年5月20日に廃止されました。

昭和18年制定 許可認可等臨時措置法 S18-03-18

許可認可等臨時措置令

許可認可等臨時措置令は、昭和59年6月6日政令第176号(港湾法施行令等の一部を改正する政令)による改正を経て、平成4年4月30日政令第168号(許可認可等臨時措置令等を廃止する政令)により平成4年5月20日に廃止されました。

昭和19年制定 許可認可等臨時措置令 S19-06-01
昭和20年改正 許可認可等臨時措置令 S20-06-10
昭和22年改正 許可認可等臨時措置令 S22-03-01
昭和24年改正 許可認可等臨時措置令 S24-06-01

戦時緊急措置法

戦時緊急措置法は、昭和20年法律第44号の規定により、昭和21年4月1日に廃止されました。

昭和20年制定 戦時緊急措置法 S20-06-23
戦時緊急措置法施行令 S20-06-23
戦時緊急措置委員会官制 S20-06-29

関連勅令

戦時罹災土地物件令は、昭和21年8月27日法律第13号(罹災都市借地借家臨時処理法)第二十八条の規定により、昭和21年9月15日(昭和21年8月31日勅令第410号参照)に廃止されました。戦時緊急措置法ニ基ク税制ノ適正化ニ関スル件は、昭和21年9月1日勅令第414号(所得税法施行規則の一部を改正する等の勅令)第二十条第十五号の規定により、昭和21年9月1日に廃止されました。

共通法

大正7年法のうち第三条の規定は、大正10年法律第48号とともに、大正10年7月1日から施行されました。

大正7年制定 共通法 T07-06-01
大正12年改正 共通法 T13-01-01
昭和17年改正 共通法 S17-02-18
昭和18年改正 共通法 S18-08-01
同年11月改正 共通法 S19-09-01

施行スヘキ法令ニ関スル法律

法律ノ改正アリタルトキノ効力ニ関スル件

法律命令ノ施行時期(施行期限)ニ関スル件

琉球法令

琉球法令については、沖縄県公文書館のサイトで閲覧可能な琉球政府公報を参照。

1945年米国軍政府布告第1号

1945年米国軍政府布告第1のA号及び第1号

日本国との平和条約第三条及び第四条(b)も参照。

琉球政府による立法及び改正

ZIP圧縮版

施行日別の法律の条文は、zipで圧縮してあります。展開で生成されるHTMLファイルの名称は、法律の題名(一部は略称)と施行日(M, T, S or H + yymmdd)を連結したものです。制定又は全部改正に際して複数の施行日が規定されている場合は、代表して原始附則第一条本文に規定する施行日を付しています。一部改正において複数の改正法が同日に施行される場合、改正法別とせず、その日施行されるすべての改正規定を適用しています。

将来の施行期日における法律の内容を表すファイルは、その期日以前に施行される他の改正等により変更が必要になる可能性があります。H999999(平成99年99月99日)は、施行期日が未定の改正を含むものを表しています。

「改正法の附則」のZIP圧縮版

改正法の附則改正の要約を含む。)のZIP圧縮版は、ファイル名が index.htm であるファイルを開くと各ファイル名のリンクがあります。

番号利用法(抄)関係の改正法の附則改正の要約を含む。)も同様です。


更新履歴


作成者: 貞廣知行 (さだひろ=ともゆき)
http://nomenclator.la.coocan.jp/ip/justice.htm

産業財産権法の制定・改正
著作権法の改正
種苗法の改正
祝休日法の改正
ホームページ

Valid HTML 4.01! Valid CSS!