2000-12-09

CAS における酸の優先順位

CAS における酸の優先順位は次の通り。これらの順序は、酸の誘導体(酸ハロゲン化物、アミド、ニトリル)の優先順位にも適用される。

A. 主基として接尾辞で表される酸

全く同じ種類の酸性官能基が分子の複数の箇所にあれば、官能基の数の多い部分を見出しとする。
官能基の数が同じなら、優先性の高い骨格を持つ部分を見出しとする。すなわち、ヘテロ骨格、炭素環、炭素鎖の順に優先する。

  1. すべてのペルオキソ酸(-OH の代わりに -OOH を持つ酸)。
    その中では 2. から 8. と同様の順で。
  2. カルボン酸(RCO2H)。酢酸と安息香酸を含む。ギ酸は含まない。
  3. カルボン酸のカルコゲン類縁体(RCOSeH、RCS2H など)。酸素、硫黄、セレン、テルルの順に(前の元素が多い酸を)優先する。
  4. カルボヒドラゾン酸[RC(=NNH2)OH]。次いでカルコゲン類縁体を 3.と同じ順で。
  5. カルボキシミド酸[RC(=NH)OH]。次いでカルコゲン類縁体を 3.と同じ順で。
  6. スルホン酸[RS(O)2OH]。次いでカルコゲン、窒素類縁体を 2.から 5.と同様の順で。
  7. スルフィン酸[RS(O)OH]とその類縁体。次いでスルフェン酸(RSOH)とその類縁体。
  8. セレノン酸[RSe(O)2OH]、セレニン酸[RSe(O)OH]、セレネン酸(RSeOH)など。次いでテルロン酸[RTe(O)2OH]など。

B. 母体無機オキソ酸

無機オキソ酸は、主基で表されるあらゆる酸より優先順位が低い。それらはまず。中心原子によって順位がつけられる。

  1. 炭酸とその酸性関連化合物。カルバミン酸、ギ酸(カルボン酸としてではない)、シアン酸、チオシアン酸を含む。
  2. 硫酸とその酸性関連化合物。
  3. セレン酸とその酸性関連化合物。
  4. テルル酸とその酸性関連化合物。
  5. 硝酸とその酸性関連化合物。
  6. リン酸とその酸性関連化合物。
  7. ヒ酸とその酸性関連化合物。
  8. ケイ酸とその酸性関連化合物。
  9. ホウ酸とその酸性関連化合物。

同じ元素を中心原子にもつオキソ酸のうちでは、まず酸性基(OOH、OH、SH など)の数の多い酸を優先し、次いで核原子(中心原子)の多い酸を優先する。


主基の酸に戻る

付表のメニューに戻る