四基本形のまとめ

O.マスター四基本形

強変化動詞の四基本形を記憶するには,反復読誦に尽きる.この際,強変化動詞は第二活用,第三活用,第三活用Bが殆どだから,直説法現在1人称単数(ここでは英語の三単現にならって,「一単現」と呼ぶことにしよう.)さえ判れば,未完了系は判る.

つまり,重要なのは四基本形を4つとも唱えないことである.不定法現在は唱えてはならない.唱えれば労力が3割3分増しになる.動詞を100個覚える労力で 75個しか覚えられない.一単現を標準とすれば,三単現のみをとる非人称動詞との区別も簡単になる.一単現(または三単現),完了形,目的分詞の3つを順に何度でも唱えて暗記するのがよい.

要するに,英語で throw-threw-thrown と,またドイツ語で werfen-warf-geworfen と繰り返し唱えて暗記したように,ラテン語でも iacio_-ie_ci_-iactum と繰り返し唱えるのだ.ここで不定法現在を入れると,iacio_-iacere-ie_ci_-iactum となり,ほら,面倒でしょ?

それなら一単現の代わりに不定法現在を採用すればいいではないか?その考えはアマイ.あらゆるラテン語の辞書は,人称動詞は一単現を,非人称動詞は三単現を,それぞれの見出しとしているのだ.辞書を引くとき,不定法現在から見出し形に変換する手間が余計にかかる.ロマンス語の感覚は捨てる.そうすれば importa_re 「運び込む」から,important(英)やimportante(伊)の印象が消える.頭の切り替えなら得意という御仁でなければ,集中と特化こそ肝要である.
DUOS QUI SEQUITUR LEPORES NEUTRUM CAPIT 二兎を追う者,一兎も得ず

まとめ.一単現が -eo で終われば第二活用, -io で終われば第三活用B,その他(-uo で終わる動詞を含む)は第三活用と,とりあえず思えばよい.

こう考えて困る場合は,それぞれ,次の場合である.

繰り返すが,英語で現在分詞が不規則だったり,ドイツ語のように部分的にウムラウト化したり,こういうことはラテン語にはないので安心して唱えるがよい.信じていれば,9割9分,正しい活用が身につくはずである.

まず,(独断と偏見で選んだ)基本動詞100を見よ.これは完全に暗記せよ!