動詞活用のまとめ

2.ラテン語動詞の形態

ラテン語の動詞は,相(ラ genera,英 voices),法(ラ modi,英 moods),時称(ラ tempora,英 tenses),人称(ラ persona,英 persons),数(ラ numeri,英 numbers)において変化する.

相には,能動相と受動相が区別される.

法には,直説法,接続法,命令法の3つ(時には不定法を加えて4つ)がある.

時称には,現在,未完了過去,未来,完了,過去完了,未来完了がある.未完了過去というのは,英語の過去進行形,フランス語の半過去に似た用法を持つ.
時称を二分して,未完了系と完了系とする.未完了系には,現在,未完了過去,未来が属し,完了系には完了,過去完了,未来完了が属す.

人称には,一人称,二人称,三人称が,英語などと同様に,ある.

数には,単数と複数とがある.古くは双数(両数ともいう)があって「2個」をあらわしたらしいが,古い時代に消失し,双数の用法は複数で代用されるようになった.

以上が述語として用いられる形態,すなわち「定動詞」である.この他,現在分詞,完了分詞,動名詞,動形容詞,目的分詞といった,名詞・形容詞的な用法をもつ変化形(いわゆる準動詞)がある.