動詞活用のまとめ

1.ラテン語と他の言語との動詞語形変化の比較

ラテン語の動詞は語形変化をする.これは,英語,ドイツ,フランス語,ロシア語などと同様,印欧(インドヨーロッパ)語族の特徴の1つである.

動詞の語形変化を,活用(ラ coniugatio,英 conjugation)という.ラテン語動詞の活用は,インドヨーロッパ語族に属するほかの言語と比べれば,はるかに規則的と思われる.

ラテン語の活用の特徴を挙げるとすれば,変化が主に語尾に起こることだろう.
語頭の変化(例,ドイツ語の過去分詞に添えられる ge-)は,痕跡的に残るのみである.
また,語幹部の変化は,ラテン語の後裔たるイタリア語やフランス語,スペイン語と比べれは,実質上ないといってもよい(実際はあるのだが,それについては後述).

ましてや,セム語族のように,語根子音が動詞の本体で,それ以外の部分が全面的に入れ替わる現象は,見られない.

活用が(主に)語末の変化だけであるというのは,日本語の用言の活用にも通じており,日本人には案外受け入れやすいのではあるまいか.