刑法口語化の未改正部分

刑法(明治40年法律第45号)の口語化(平成7年法律第91号)の際に改正されなかった部分(17箇所)を、題名、目次及び本則の範囲で抜き出しました。口語化により表記に平仮名を含めるべき箇所は改正を要するため、未改正部分となり得るのは、当然ながら漢字のみで表記できる部分だけです。

箇所内容
題名刑法
第一編の編名第一編 総則
第一編第二章の章名第二章 刑
第一編第三章の章名第三章 期間計算
第一編第五章の章名第五章 仮出獄
第一編第八章の章名第八章 未遂罪
第一編第九章の章名第九章 併合罪
第一編第九章中第五十五条 削除
第一編第十章の章名第十章 累犯
第一編第十章中第五十八条 削除
第一編第十一章の章名第十一章 共犯
第一編第十二章の章名第十二章 酌量減軽
第二編の編名第二編 罪
第二編第一章の章名第一章 削除
第二編第三章中第八十九条 削除
第二編第十二章中第百三十一条 削除
第二編第二十二章中第百八十三条 削除

産業財産権法の制定・改正
著作権法の改正
種苗法の改正
民事訴訟法の改正