[INDEX]

1945年米国軍政府布告第1号

米国海軍軍政府布告第一号(1945年11月26日)

  米国海軍軍政府
    布 告 第一のA号
  南西諸島及其の近海居住民に告ぐ
日本帝国に対し戦争遂行上米国軍は南西諸島及び其の近海を占領する必要生ぜり
且つ治安維持及米国占領軍並に島民両方の安寧福祉確保上南西諸島及び其の近海に軍政府の設立を必要とす
故に本官、南西諸島及び其の近海の軍政長官米国海軍少将ジョン・デイル・プライスは茲に左の如く布告する事となり
第一条 北緯三十度の南にある南西諸島及び其の近海並に其の居住民に関する総ての政治及管轄権並に最高行政責任は米国海軍軍政府の権能に帰属し軍政長官として本官の監督下の部下指揮官に依り行使さる
第二条 日本帝国政府の総ての行政権の行使を停止せり
第三条 全住民は本官又は部下指揮官の公布する総ての命令を敏速に遵守し米国軍に対し敵対行動を為さず且不穏行為又は其の程度如何を問はず治安に妨害を及ぼす行動に出づ可からず。如何なる者と雖も本条に違犯したる者は特定軍事法廷に於て定罪の上其の判決に従ひ死刑又は罰金、禁錮、其の両刑又は他の刑罰に処せらる可し
第四条 本官の職権行使上其必要を生ぜざる限り居住民の風習、宗教、信仰並に財産権を尊重し、現行法規の施行を持続す
第五条 本官又は本官の命令に依り解除されたる者を除く総ての官庁支庁及び町村又他の公共事業関係者並に雇傭人は本官又は特定されたる米国軍士官の命令の下に其の職務に従事す可し
第六条 占領軍の命令に服従し平穏を保つ限り居住民に対し戦時必要以上の干渉を加へざるものとす
第七条 爾今布告規則並に命令は本官又は本官を代理する官憲に依り逐次発表され之に依り居住民に対する我要求又は禁止事項を明記し各警察署並に部落に掲示さる可し
第八条 布告は以前に発表せられたる事を有する故に沖縄島を除いて本布告は北緯三十度の南にある総ての南西諸島に適用す
第九条 本官又は本官を代理する官憲に依り発布されたる本布告、他の布告並に命令又は法規等に於て英文と其の他の訳文の間に矛盾又は不明の点生じたる場合は英文を以て本体とす
  一九四五年十一月二十六日
    南西諸島軍政長官
      米国海軍少将ジョン・デイル・プライス
   公 文
    南西諸島軍政副長
      米国海兵大佐シ・アイ・ムレ

米国海軍軍政府
     布 告 第一号
米国軍占領下の南西諸島及其近海居住民に告ぐ
日本帝国の侵略主義並米国に対する攻撃の為米国は日本に対し戦争を遂行する必要生ぜり。
且つ是等諸島の軍事的占領及軍政の施行は我が軍略の遂行上並に日本の侵略力破壊及日本帝国を統轄する軍閥の破滅上必要なる事実なり
治安維持及米国軍並居住民の安寧福祉確保上占領下の南西諸島中本島及他島並に其近海に軍政府の設立を必要とす
故に本官米国太平洋艦隊及太平洋区域司令長官兼米国軍占領下の南西諸島及其近海の軍政府総長米国海軍元帥シー・ダブリユー・ニミツは茲に左の如く布告す
一、南西諸島及其近海並に其居住民に関する総ての政治及管轄権並に最高行政責任は占領軍司令長官兼軍政府総長米国海軍元帥たる本官の権能に帰属し本官の監督下に部下指揮官に依り行使さる
二、日本帝国政府の総ての行政権の行使を停止す
三、各居住民は本官又は部下指揮官の公布する総ての命令を敏速に遵守し本官麾下の米国軍に対し敵対行動又は何事を問はず日本軍に有利なる援助を為さず且不穏行為又は其の程度如何を問はず治安に妨害を及ぼす行動に出づ可からず
四、本官の職権行使上其必要を生ぜざる限り居住民の風習並に財産権を尊重し現行法規の施行を持続す
五、爾今総ての日本裁判所の司法権を停止す但し追ての命令ある迄該地方に於ける軽犯罪に対し該地方警察官に依りて行使さるゝ即決裁判権は之を継続するものとす
六、本官又は本官の命令に依り解除されたる者を除く総ての官庁、支庁及町村又は他の公共事業関係者並に雇傭人は本官又は特定されたる米国軍士官の命令の下に其職務に従事す可し
七、占領軍の命令に服従し平穏を保つ限り居住民に対し戦時必要以上の干渉を加へざるものとす
八、爾今、布告規則並に命令は本官又は本官を代理する官憲に依り逐次発表され、之に依り居住民に対する我要求又は禁止事項を明記し、各警察署並に部落に掲示さる可し
九、本官又は本官を代理する官憲に依り発布されたる本布告又他の布告並に命令又は法規等に於て英文と其の他の訳文の間に矛盾又は不明の点生じたる場合は英文を以て本体とす
   一九四五年  月   日
 於
   米国太平洋艦隊及太平洋区域司令長官
   兼南西諸島及其近海軍政府総長
       米国海軍元帥 ニ ミ ツ

〔参照〕
米国軍政府 布告・命令集 臨時北部南西諸島政庁 一九四八年一月発行