[INDEX]

裁判所構成法戦時特例

昭和17年2月24日法律第62号(昭和17年3月21日施行版)

第一条 戦時ニ於ケル裁判所構成法ノ特例ハ本法ノ定ムル所ニ依ル

第二条 戦時刑事特別法第五条第一項並ニ昭和五年法律第九号第二条及第三条ノ窃盗ノ罪ニ付テハ区裁判所其ノ裁判権ヲ有ス但シ予審ヲ経ザルモノニ限ル

第三条 左ニ掲グル訴訟ノ第一審ノ判決ニ対シテハ控訴ヲ為スコトヲ得ズ
 裁判所構成法第十四条第二ノ訴訟
 民事訴訟法第六編ニ定ムル訴訟但シ同法第五百九十一条第三項(第六百二十条第一項ノ規定ニ依リ適用スル場合ヲ含ム)、第六百二十三条第一項及第六百四十七条第三項ノ訴訟ヲ除ク
前項ノ判決ニ対シテハ直接上告ヲ為スコトヲ得
第一項ノ訴訟ノ請求ニ附帯シテ果実、損害賠償、違約金又ハ費用ノ請求ヲ為シタル場合ニ於テハ前二項ノ規定ノ適用ニ付テハ之ヲ第一項ノ訴訟ト看做ス

第四条 左ニ掲グル罪ニ付言渡シタル第一審ノ判決ニ対シテハ控訴ヲ為スコトヲ得ズ
 刑法第二編第七章ノ二、第三十六章及第三十九章、昭和五年法律第九号、戦時刑事特別法第一章、陸軍刑法第二条ニ掲グル各条(第七十九条乃至第八十五条及第九十九条ヲ除ク)、海軍刑法第二条ニ掲グル各条(第七十八条乃至第八十五条及第百条ヲ除ク)、防空法、食糧管理法並ニ言論、出版、集会、結社等臨時取締法第十七条及第十八条ノ罪
 刑法第七十四条及第七十六条、国家総動員法(第四十四条ヲ除ク)、昭和十二年法律第九十二号、外国為替管理法、軍機保護法(第二条乃至第七条及此等ニ関スル第十五条乃至第十七条ヲ除ク)、軍用資源秘密保護法(第十一条乃至第十五条及第十九条ヲ除ク)、要塞地帯法、国境取締法、陸軍輸送港域軍事取締法、軍用電気通信法、陸軍刑法第七十九条乃至第八十五条及第九十九条、海軍刑法第七十八条乃至第八十五条及第百条、大正十五年法律第六十号並ニ不穏文書臨時取締法ノ罪但シ此等ノ罪ニシテ外国ト通謀シ又ハ外国ニ利益ヲ与フル目的ヲ以テ犯シタルモノヲ除ク
前項ノ判決ニ対シテハ直接上告ヲ為スコトヲ得
前項ノ上告ハ第二審ノ判決ニ対シ上告ヲ為スコトヲ得ル理由アル場合ニ於テ之ヲ為スコトヲ得
上告裁判所ハ第二審ノ判決ニ対スル上告事件ニ関スル手続ニ依リ裁判ヲ為スベシ

第五条 前二条ノ第一審ノ判決ニシテ区裁判所ノ為シタルモノニ対スル上告ニ付テハ控訴院其ノ裁判権ヲ有ス
前項ノ判決ニ付区裁判所ノ為シタル上告棄却ノ決定ニ対スル抗告ニ付亦前項ニ同ジ
控訴院ノ上告審トシテ為シタル決定ニ対シテハ抗告ヲ為スコトヲ得ズ
裁判所構成法第四十八条ノ規定ハ第一項ノ場合ニ之ヲ準用ス

第六条 控訴院ガ上告裁判所タル場合ニ於テ法律ノ同一ノ点ニ付曽テ大審院又ハ上告裁判所タル控訴院ノ為シタル判決ト相反スル意見アルトキハ決定ヲ以テ事件ヲ大審院ニ移送スルコトヲ要ス
前項ノ決定アリタルトキハ訴訟ハ上告ヲ為シタル時ヨリ大審院ニ繋属シタルモノト看做ス

第七条 民事ニ付抗告裁判所ノ為シタル決定ニ対シテハ更ニ抗告ヲ為スコトヲ得ズ

附 則

本法施行ノ期日ハ勅令ヲ以テ之ヲ定ム

本法ハ本法施行前裁判所ノ受理シタル訴訟ニ付テハ之ヲ適用セズ

第二条ノ規定ハ本法施行前犯シタル昭和十六年法律第九十八号第二条第一項ノ窃盗ノ罪ニ関スル事件ニシテ本法施行後公訴ヲ提起スルモノニ付、第四条乃至第六条ノ規定ハ本法施行前犯シタル昭和十六年法律第九十八号ノ罪ニ関スル事件ニシテ本法施行後公訴ヲ提起スルモノニ付亦之ヲ適用ス

戦時終了ノ際ニ於テ必要ナル経過規定ハ勅令ヲ以テ之ヲ定ム