[INDEX]

許可認可等臨時措置令

昭和19年5月20日勅令第351号(昭和20年6月10日施行版)

第一条 本令ニ於テ現行規定トハ法令ノ規定ニシテ本令施行ノ際現ニ行ハルルモノヲ総称ス
本令ニ於テ許認可トハ許可、認可、免許、認許、特許及承認ヲ総称ス
本令ニ於テ官庁トハ官庁ニ非ザル官衙ノ長ヲ含ムモノトス
本令ニ於テ中央行政官庁トハ左ニ掲グルモノヲ謂フ
 内閣総理大臣 各省大臣 各省ノ総局長官 情報局総裁 技術院総裁 逓信院総裁 神祇院総裁 防空総本部長官 専売局長官 軍事保護院総裁 馬政局長官 食糧管理局長官 企業整備本部長
本令ニ於テ地方行政官庁トハ左ニ掲グルモノヲ謂フ
 地方長官 警視総監 財務局長 地方専売局長 営林局長 地方鉱山局長 軍需省ノ事務所ノ長 地方燃料局長 鉄道局長 海運局長 逓信局長

第二条 地方行政官庁ガ現行規定ニ依リ受クベキ其ノ上級官庁トシテノ中央行政官庁ノ監督上ノ許認可ハ当分ノ内之ヲ受クルコトヲ要セズ
前項ノ規定ニ拘ラズ主務大臣ハ事項ヲ指定シ同項ニ掲グル其ノ許認可ノ職権ノ全部若ハ一部ヲ地方総監ヲシテ行ハシムル旨ノ定ヲ為シ、当該許認可ノ全部若ハ一部ヲ要セズ報告等ヲ以テ足ル旨ノ定ヲ為シ又ハ特別ノ必要アルモノニ付テハ当該許認可ノ全部若ハ一部ヲ受クベキ旨ノ定ヲ為スコトヲ得

第三条 前条ノ規定ハ都道府県ニ対シ其ノ監督官庁トシテ現行規定ニ依リ中央行政官庁ノ為ス許認可(東京都制、北海道会法、北海道地方費法、府県制、地方税法、地方学事通則、罹災救助基金法、北海道罹災救助基金法又ハ沖縄県罹災救助基金法ニ基ク許認可ヲ謂フ)ニ之ヲ準用ス

第四条 人又ハ法人ガ現行規定ニ依リ受クベキ中央行政官庁ノ許認可(神社ニ係ル許認可、官庁其ノ他ノ行政庁トシテ受クベキ許認可及都道府県ニ対スル前条ノ許認可ヲ含マズ公立学校ニ係ル許認可ヲ含ム)ニ付テハ其ノ職権ハ当分ノ内左ノ各号ニ定ムル行政官庁之ヲ行フ
 許認可ノ申請ニ付現行規定ニ経由官庁ノ定アル場合ニ於テハ左ノ行政官庁
(イ) 地方行政官庁ガ経由官庁ナルトキハ当該地方行政官庁
(ロ) 其ノ他ノ場合ニ於テ地方長官ノ下級官庁ガ経由官庁ナルトキハ当該地方長官、地方長官以外ノ地方行政官庁ノ下級官庁ガ経由官庁ナルトキハ当該地方行政官庁
 前号ノ場合ヲ除クノ外許認可ヲ要スル事項ノ主タル関係地ヲ管轄スル地方長官但シ当該事項ガ地方長官以外ノ地方行政官庁ノ所管事項ニ該当スルモノナルトキハ主タル関係地ヲ管轄スル当該地方行政官庁、当該事項ガ地方長官及地方長官以外ノ地方行政官庁ノ所管事項ニ該当スルモノナルトキハ主タル関係地ヲ管轄スル地方長官及当該地方行政官庁
 前二号ノ規定ニ拘ラズ主務大臣特ニ地方総監其ノ他ノ行政官庁(中央行政官庁ヲ除ク)ヲ指定シタルトキハ当該行政官庁
前項ノ規定ニ拘ラズ主務大臣ハ事項ヲ指定シ同項ニ掲グル許認可ノ全部若ハ一部ヲ要セザル旨ノ定ヲ為シ、当該許認可ノ全部若ハ一部ヲ要セズ届出、報告等ヲ以テ足ル旨ノ定ヲ為シ又ハ特別ノ必要アルモノニ付テハ当該許認可ノ全部若ハ一部ヲ受クベキ旨ノ定ヲ為スコトヲ得

第五条 第二条第二項(第三条ニ於テ準用スル場合ヲ含ム以下同ジ)又ハ前条第一項ノ規定ニ依リ中央行政官庁ノ許認可ノ職権ヲ他ノ行政官庁ヲシテ行ハシムル場合ニ於テハ当該許認可ノ職権ニ関聯スル左ニ掲グル職権ニシテ現行規定ニ依リ中央行政官庁ノ職権ト定メラレタルモノハ当該行政官庁之ヲ行フ
 更正許認可
 許認可ニ対スル条件又ハ制限ノ附加及許認可ノ有効期間ノ指定並ニ其ノ変更
 免許料其ノ他許認可ニ関スル手数料ノ徴収
 免許状、許可証ノ類ノ発給、書換其ノ他之ニ関スル手続上ノ措置
 詐欺又ハ錯誤ニ基ク許認可ノ取消及之ニ伴フ原状ノ回復其ノ他ノ措置ニ係ル命令
 関係官庁トノ協議、指示、関係人ノ意見書ノ受理其ノ他許認可ノ処分ノ為又ハ其ノ処分ニ伴ヒ必要ナル手続上ノ措置
 許認可ノ処分ノ為又ハ其ノ処分ニ伴ヒ必要ナル臨検検査又ハ報告、資料等ノ徴収
 前各号ニ掲グルモノノ外主務大臣ノ指定シタル職権
前項ノ規定ニ拘ラズ主務大臣ハ事項ヲ指定シ同項ノ規定ニ依リ中央行政官庁以外ノ行政官庁ヲシテ行ハシムベキ職権ノ全部若ハ一部ニ付中央行政官庁之ヲ行フ旨ノ定ヲ為シ又ハ当該行政官庁ノ外中央行政官庁モ亦之ヲ行フ旨ノ定ヲ為スコトヲ得

第六条 第四条第一項又ハ前条第一項ノ規定ニ依リ中央行政官庁ノ職権ヲ他ノ行政官庁ヲシテ行ハシムル場合ニ於テハ中央行政官庁ノ職権ニ係ル命令ノ罰則ノ適用ニ付テハ当該行政官庁ハ之ヲ中央行政官庁ト看做ス

第七条 主務大臣ハ第二条乃至第五条ノ規定ニ依ル許認可ノ廃止又ハ許認可ニ関スル職権ノ委譲ニ伴ヒ特ニ必要アリト認ムルトキハ当該許認可ニ関聯スル他ノ現行規定ニ対シ必要ナル特例ヲ設クルコトヲ得

第八条 本令ハ左ニ掲グル許認可ニ付テハ之ヲ適用セズ
 陸軍大臣、海軍大臣又ハ司法大臣ノ所管事項(此等ノ大臣ト他ノ大臣トノ共管ニ属スルモノヲ含ム)ニ係ル許認可(第七号ニ掲グル法人以外ノ法人ニ対スル民法第一編第二章ノ規定ニ基ク許認可ニシテ司法大臣ノ所管ニ属スルモノヲ除ク)
 官吏服務紀律ニ依ル許可其ノ他官庁職員ノ服務ニ関スル許認可及官庁職員ノ共済組合ニ対スル許認可
 帰化又ハ国籍離脱ノ許可及明治三十一年法律第二十一号ニ依ル許可
 特許権其ノ他ノ工業所有権、著作権又ハ出版権ニ係ル許認可
 医師、歯科医師、薬剤師又ハ獣医師ノ免許
 学位令、中等学校令、青年学校令、盲学校及聾唖学校令又ハ私立学校令ニ規定スル許認可及大学、高等学校、専門学校又ハ此等ノ学校ニ準ズベキ各種学校ニ係ル大学令、高等学校令、専門学校令又ハ私立学校令ニ基ク許認可
 特別ノ法令ニ依リ設立セラルル法人(法令ニ設立委員ノ任命其ノ他行政官庁ノ直接ノ処分ニ基ク設立ノ規定アル法人、法令ニ行政官庁ノ命令ニ依ル設立ノ規定アル法人、法令ニ地区又ハ区域ニ関スル規定アル法人及法令ニ全国ヲ通ジテ一箇トスル旨ノ規定アル法人ヲ含ム)ニシテ其ノ目的トスル事業ガ内地(樺太ヲ除キタル場合ヲ含ム)全般ニ亙ルモノ、其ノ目的トスル事業ガ内地以外ノ地域ニ渉ルモノ又ハ其ノ目的トスル事業ガ内地以外ノ地域ノミニ係ルモノニ対スル(其ノ役職員ニ対スル場合ヲ含ム)当該法令ニ基ク許認可及当該法令ニ基キ此等ノ法人ニ対スル地方税ノ賦課ニ関シ都道府県市町村其ノ他之ニ準ズベキモノガ受クベキ許認可
 中央行政官庁ノ直接ノ管理ニ属スル土地、工作物、物件、権利若ハ施設ノ利用等ニ付又ハ中央行政官庁ノ機密事項其ノ他中央行政官庁ニ於テ公ニセザル事項ノ出版、新聞紙掲載等ニ付其ノ管理者トシテ中央行政官庁ノ為ス許認可
 許認可ノ処分ニ付現行規定ニ委員会、審査会其ノ他ノモノ(地方別ニ置カルルモノヲ除ク)ノ意見ヲ徴シ又ハ諮問若ハ議決ヲ経テ之ヲ行フコトヲ要スル旨ノ定アルモノ(事案ノ重要ナルモノニ付意見ヲ徴シ又ハ諮問若ハ議決ヲ経ルコトヲ要スル旨ノ定アルモノニ付テハ事案ノ重要ナラザルモノニ係ル許認可ヲモ含ム)
 許認可ノ処分ニ付現行規定ニ朝鮮総督、台湾総督、満洲国駐箚特命全権大使又ハ南洋庁長官ト協議シテ之ヲ行フコトヲ要スル旨ノ定アルモノ其ノ他内地ト内地以外ノ地域トニ渉ル許認可
前項第七号ノ規定ニ拘ラズ主務大臣ハ同号ニ掲グル許認可ノ一部ニ付本令ヲ適用スルコトヲ得

第九条 本令ニ定ムルモノヲ除クノ外本令施行ニ関シ必要ナル事項ハ主務大臣之ヲ定ム

附 則

本令ハ昭和十九年六月一日ヨリ之ヲ施行ス

本令ハ内地ニ之ヲ施行ス

第四条第一項ノ規定ニ依リ中央行政官庁ノ許認可ノ職権ヲ他ノ行政官庁ヲシテ行ハシムル場合ニ於テ本令施行前中央行政官庁ニ対シ為シタル当該許認可ノ申請ニシテ中央行政官庁又ハ法令ニ定ムル経由官庁(官庁以外ノ経由機関ヲ含ム)ニ受理セラレタルモノノ処理ニ関スル職権及当該許認可(本令施行前許認可ノ処分アリタルモノヲ含ム)ニ係ル第五条第一項ニ規定スル職権ニ付テハ主務大臣別段ノ定ヲ為シタル場合ヲ除クノ外仍従前ノ例ニ依ル

〔略〕