[INDEX]

昭和46年法律第101号附則抄

行政書士法の一部を改正する法律(昭和46年6月4日)

附 則

(施行期日)
第一条 この法律中、次条第二項及び第四項の規定は公布の日から、第一条、次条第一項、第三項及び第五項並びに附則第三条の規定は公布の日から起算して六月をこえない範囲内で政令で定める日から、第二条、附則第四条及び附則第五条の規定は第一条の規定の施行の日から起算して一年を経過した日から施行する。

(第二条の規定による改正に伴う関係法律の一部改正)
第五条 司法書士法(昭和二十五年法律第百九十七号)の一部を次のように改正する。
第三条第五号中「若しくは行政書士」を削り、「弁理士若しくは税理士」を「弁理士、税理士若しくは行政書士」に改める。
 税理士法(昭和二十六年法律第二百三十七号)の一部を次のように改正する。
第四条第八号中「登録を取り消され」を「業務を禁止され」に改める。
 前二項の規定による改正後の司法書士法第三条第五号及び税理士法第四条第八号の規定の適用については、旧法の規定による行政書士の登録の取消しは、新法の規定による行政書士の業務の禁止とみなす。