[INDEX]

令和元年法律第37号抄(司法書士法の改正)

成年被後見人等の権利の制限に係る措置の適正化等を図るための関係法律の整備に関する法律(令和元年6月14日)

(司法書士法の一部改正)
第五十一条 司法書士法(昭和二十五年法律第百九十七号)の一部を次のように改正する。
第五条第一号中「禁錮」を「禁錮」に改め、同条第二号中「、成年被後見人又は被保佐人」を削り、同条第三号を次のように改める。
 破産手続開始の決定を受けて復権を得ない者
第十条第一項第二号中「身体又は精神の衰弱」を「心身の故障」に改める。
第十五条第一項第四号中「第五条各号」の下に「(第二号を除く。)」を加える。
第十六条第一項第二号中「身体又は精神の衰弱」を「心身の故障」に改め、同条第三項を同条第四項とし、同条第二項中「前項」を「第一項」に改め、同項を同条第三項とし、同条第一項の次に次の一項を加える。
 司法書士が心身の故障により業務を行うことができないおそれがある場合として法務省令で定める場合に該当することとなつたときは、その者又はその法定代理人若しくは同居の親族は、遅滞なく、当該司法書士が所属する司法書士会を経由して、日本司法書士会連合会にその旨を届け出るものとする。