[INDEX]

令和元年法律第37号抄(弁護士法の改正)

成年被後見人等の権利の制限に係る措置の適正化等を図るための関係法律の整備に関する法律(令和元年6月14日)

(弁護士法の一部改正)
第五十条 弁護士法(昭和二十四年法律第二百五号)の一部を次のように改正する。
第七条第一号中「禁錮」を「禁錮」に改め、同条第四号を削り、同条第五号中「破産者であつて」を「破産手続開始の決定を受けて」に改め、同号を同条第四号とする。
第十七条第一号及び第三十条の二十二第四号中「第七条第一号又は第三号から第五号まで」を「第七条各号(第二号を除く。)」に改める。
第三十三条第二項第六号中「よる登録取消しの請求」の下に「及びその実施のために必要な手続」を加える。