[INDEX]

平成16年法律第9号抄(弁護士法の改正)

弁護士法の一部を改正する法律(平成16年3月31日)

弁護士法(昭和二十四年法律第二百五号)の一部を次のように改正する。
第五条を削る。
第五条の二第一項中「第四条」を「前条」に改め、同項第一号中「衆議院議員又は参議院議員」を「簡易裁判所判事、検察官、裁判所調査官、裁判所事務官、法務事務官、司法研修所、裁判所職員総合研修所若しくは法務省設置法(平成十一年法律第九十三号)第四条第三十六号若しくは第三十八号の事務をつかさどる機関で政令で定めるものの教官、衆議院若しくは参議院の議員若しくは法制局参事、内閣法制局参事官又は学校教育法(昭和二十二年法律第二十六号)による大学で法律学を研究する大学院の置かれているものの法律学を研究する学部、専攻科若しくは大学院における法律学の教授若しくは助教授」に改め、同項に次の一号を加える。
 前三号に掲げるもののほか、次のイ又はロに掲げる期間(これらの期間のうち、第一号に規定する職に在つた期間及び第二号に規定する職務に従事した期間については司法修習生となる資格を得た後のものに限り、前号に規定する職に在つた期間については検察庁法第十八条第三項に規定する考試を経た後のものに限る。)が、当該イ又はロに定める年数以上になること。
 第一号及び前号に規定する職に在つた期間を通算した期間 五年
 第二号に規定する職務に従事した期間に第一号及び前号に規定する職に在つた期間を通算した期間 七年
第五条の二第二項を削り、同条を第五条とする。
第五条の三第一項中「前条第一項の」を「前条の」に、「前条第一項第一号」を「前条第一号」に、「同項第二号」を「同条第二号」に改め、同条第二項中「前条第一項第一号」を「前条第一号」に、「同項第二号」を「同条第二号」に改め、同条を第五条の二とする。
第五条の四第一項中「第五条の二第一項各号」を「第五条各号」に、「同項」を「同条」に改め、同条第三項中「第五条の二第一項」を「第五条」に改め、同条を第五条の三とする。
第五条の五第一項及び第三項中「第五条の二第一項」を「第五条」に改め、同条を第五条の四とする。
第五条の六を第五条の五とし、第五条の七を第五条の六とする。
第六条を次のように改める。
(最高裁判所の裁判官の職に在つた者についての弁護士の資格の特例)
第六条 最高裁判所の裁判官の職に在つた者は、第四条の規定にかかわらず、弁護士となる資格を有する。
第七条中「から第五条の二まで」を「、第五条」に改める。
第七十五条第二項中「第五条の三第一項」を「第五条の二第一項」に、「第五条の二第一項第一号」を「第五条第一号」に、「同項第二号」を「同条第二号」に、「同項の」を「同条の」に改める。